眠りの話3
体内時計のお話です
生体リズムは体内時計によってコントロール
されています。

眠りは脳と関係しています。
脳は大脳新皮質という「新しい脳」と
自律神経系の「古い脳」に分けられます。
生体リズムは古い脳と関わりがあり
乱れてしまうと自律神経系の機能も
乱れてしまいます。

自律神経には
呼吸や消化などの生命維持機能、
細胞の代謝やホルモンの分泌などを
つかさどる生命のコントロールタワーの
役割があります。

体内時計の針がズレる→生体リズムの乱れ
→自律神経の乱れ→身体的、精神的失調により
さまざまな症状が出る。

この悪循環から抜け出すには
体内時計のズレをリセットすることです。

病院やクスリは必要ありません。
「朝の太陽をしっかりと浴びる!」
ただこれだけです。
スポンサーサイト
[2015/11/10 00:23] 眠り | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<眠りの話4 | ホーム | 眠りの話2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://rio109.blog.fc2.com/tb.php/27-f00d2f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |