必読!熟読!実践!
熊本地震の被災地における
未病治セルフケアについて


このたび熊本地震で被災された皆様が
一刻も早く、もとの生活に戻れますように
お祈り申し上げます。

さて、只今、避難所や車中泊などにおける
窮屈な姿勢や運動不足などを原因とする
心筋梗塞やエコノミークラス症候群が多発する
傾向が危惧されております。

よって、これらの血流傷害を未然に防ぐ
セルフケアの方法を幾つか挙げておきます。

東洋医学では心臓と関係があるとされるのが
手の小指です。

手の小指の爪をはさむように、揉むことで
心臓の違和感が予防できます。

また腕全体は肺と心臓の血流と関係があります。

腕をよく振り回し、動かすことで
心肺の血流を促進できます。

手指のグーパーを繰り返すだけでも
手の血流は良くなります。

さらに、肩や首などを回し、全身をひねるような
ストレッチをすることも良いです。

また足のフクロハギや、太ももをよく揉むことは
下肢の血流をアップします。

青竹踏みの要領で、段差などを利用して
足裏を刺激することは全身の血流を促進できます。

皮膚や血管は押されることで、一酸化窒素という
分子ガスを合成分泌します。

この一酸化窒素という分子ガスには血管を
拡張する作用があります。

どこを押しても揉んでも一酸化窒素は
そこの血管壁で合成分泌されます。

セルフケア、家族のケア、お知り合いのケアに、
是非ともセルフ指圧、セルフマッサージ、
セルフ按摩を励行してください。

触れあうことでオキシトシンというホルモンが
分泌されます。

ストレス、不安感の軽減に効くホルモンです。

このオキシトシンの分泌に連動して
βエンドルフィンというホルモンが分泌されます。

βエンドルフィンは痛みの緩和に効く鎮痛ホルモンです。

皆様の血流が改善され、
これらホルモンが効を奏することをお祈りしております。


※ 本記事は緊急の要請に基づき急遽作成いたしました。

ブログ読者、有志の皆様におかれましては
本記事の拡散にご協力頂きますれば幸いに存じます。

宜しくお願い申し上げます。

『養生法の探求』

知恵を拡散して皆を元気にしよう!
スポンサーサイト
[2016/04/23 18:08] 癒し | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |