スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
まるごと
4月最初の日曜日
桜祭りなど各地でイベントが
開催されていました

車で走行中
ピンクの桜も目につきましたが

濃い緑の茶樹の表面が
黄緑色の新芽に覆われた
2色の緑が広がる茶畑も目につき
もうすぐ新茶の時期だなって思いました

お茶といえば
「あらびき茶」の和香園

「飲むだけではなく、食べるという食文化も提案したい」
というコンセプトで

茶葉創作料理店「茶音の蔵」(さおんのくら)

先月オープンしたそうです

お茶には
野菜や果物と同じように
炭水化物、タンパク質、脂質、各種ビタミン、
ミネラルなどの栄養成分が含まれています

お茶の栄養成分で特に注目すべき点は
「生体調節機能」を持つ成分が
豊富に含まれていることです

生体調節機能を持つ成分は
バイオファクターとも呼ばれ
食品の3次機能と言われるものです

食品の
1次機能は栄養、生きるために欠かせないもの
2次機能は味・香りなど、嗜好を満たすもの
3次機能は生死にかかわりはないけれど
無くては健康が損なわれるもの

お茶のように生体調節機能に優れた食品は
「保健機能食品」と呼ばれ
天然のサプリメントとして注目を集めています

お茶の成分の中でも
カテキン類、カフェイン、テアニンは
他の食品にはあまり含まれていない
お茶特有の機能性成分と言えます

お茶の健康効果は
これらの機能性成分の相乗効果によって
高められていると考えられています

お茶に含まれる成分は
湯で浸出しても20~30%しか溶けださず
あとは茶殻に残ります

成分によっては全く湯に溶けださないものもあり
お茶の成分を残さず摂るためには
お茶の葉をそのまま食べる他ありません

(日本茶のすべてがわかる本より引用)

お茶の健康効果は知っているけど
家庭でお茶の生葉を手に入れて
料理して食べるのは難しいですよね

お茶の成分を残さず摂るためには
お茶の葉をそのまま食べる他ない・・・

手軽にそれができるのが
茶葉まるごと
飲ん茶おう
食べ茶おうの
「あらびき茶」ですよね

飯山一郎さんが
「あらびき茶」があれば
野菜は要らない!

とおっしゃるのも納得です( ^ω^ )

スポンサーサイト
[2016/04/03 23:56] お茶の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。