スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
必読!熟読!実践!
熊本地震の被災地における
未病治セルフケアについて


このたび熊本地震で被災された皆様が
一刻も早く、もとの生活に戻れますように
お祈り申し上げます。

さて、只今、避難所や車中泊などにおける
窮屈な姿勢や運動不足などを原因とする
心筋梗塞やエコノミークラス症候群が多発する
傾向が危惧されております。

よって、これらの血流傷害を未然に防ぐ
セルフケアの方法を幾つか挙げておきます。

東洋医学では心臓と関係があるとされるのが
手の小指です。

手の小指の爪をはさむように、揉むことで
心臓の違和感が予防できます。

また腕全体は肺と心臓の血流と関係があります。

腕をよく振り回し、動かすことで
心肺の血流を促進できます。

手指のグーパーを繰り返すだけでも
手の血流は良くなります。

さらに、肩や首などを回し、全身をひねるような
ストレッチをすることも良いです。

また足のフクロハギや、太ももをよく揉むことは
下肢の血流をアップします。

青竹踏みの要領で、段差などを利用して
足裏を刺激することは全身の血流を促進できます。

皮膚や血管は押されることで、一酸化窒素という
分子ガスを合成分泌します。

この一酸化窒素という分子ガスには血管を
拡張する作用があります。

どこを押しても揉んでも一酸化窒素は
そこの血管壁で合成分泌されます。

セルフケア、家族のケア、お知り合いのケアに、
是非ともセルフ指圧、セルフマッサージ、
セルフ按摩を励行してください。

触れあうことでオキシトシンというホルモンが
分泌されます。

ストレス、不安感の軽減に効くホルモンです。

このオキシトシンの分泌に連動して
βエンドルフィンというホルモンが分泌されます。

βエンドルフィンは痛みの緩和に効く鎮痛ホルモンです。

皆様の血流が改善され、
これらホルモンが効を奏することをお祈りしております。


※ 本記事は緊急の要請に基づき急遽作成いたしました。

ブログ読者、有志の皆様におかれましては
本記事の拡散にご協力頂きますれば幸いに存じます。

宜しくお願い申し上げます。

『養生法の探求』

知恵を拡散して皆を元気にしよう!
スポンサーサイト
[2016/04/23 18:08] 癒し | トラックバック(0) | コメント(0) | @
食卓に
ご家庭の食卓に
1本いかがですか?

ぽんぽこ笑店から
新商品のお知らせです(^-^)/

「かけてんしゃいもずく入り醤油」

りおもオススメ!

無添加の醤油に
沖縄産の新鮮なもずくを独自の製法であわせた
まろやかでとろみのある濃厚な醤油です
お刺身にも漬物にも合います

もずくの他に
昆布、かつお節も使われているので
めんつゆのような使い方もオススメです

そうめんに
直接かけていただいても
美味しかったです.゚+.(・∀・)゚+.

お好みで
幅広くお使いいただけるお醤油です

「かけてんしゃいもずく入り醤油」

高さ9㎝、直径5㎝ほどのビン入り

カワイイけれど安定感もある
食卓にちょうど良いサイズの
2本セットです

アマゾン・ぽんぽこ笑店
お求めいただけます

アマゾンでお求めの際は
絶食青年「さとうきび酢(200ml)」
ぜひご一緒に!

2,000円以上のお買い物で
通常配送料無料です(*^_^*)

わが家の
ゆーぽちゃん、ルートくんも
「美味しい!この味好き」って
お気に入りです

りおもオススメ
「かけてんしゃいもずく入り醤油」
お試しください↓ こちらもご一緒に↓
[2016/04/22 19:37] 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
ホッとひといき
今日の午後
ぽんぽこ笑店の梱包作業をしていたら
「新茶ができました」と
和香園の堀口社長が来訪されました

そして
できたての新茶を淹(い)れてくださいました

いただいたのは「緑茶伝説」の「雅」
深蒸し茶です

深蒸し茶は
摘んだ生葉を蒸す工程で
標準よりも2~3倍ほど長く蒸します

長く蒸すことで渋みが抑えられて甘味が増し
茶葉の仕上がりは細かく
淹れたときに濃い緑色になるのが特徴です

飯山さん、里子さん、絶食青年と一緒にいただきました

一煎目
深く濃い緑色です
生葉を口に含んだ時のような
新鮮な味と香りがしました
渋味よりも甘味を強く感じました

二煎目
緑色の濃さが少し薄くなっただけで
味と香りはそのまま
後味がスッキリしています

三煎目
味と香りは少し薄まりましたが
さらにスッキリした爽快感を
感じました

お茶をいただきながら
お茶の表面に浮いている
毛茸(もうじ)にも気づきました

毛茸は柔らかい若い芽の葉の裏にだけ
生えている白い産毛のようなものです

原料となった生葉の
生長程度を知ることができます

ホコリのように見えますが
毛茸が浮いているお茶は
柔らかな若い芽を使った上級なお茶の証です

お茶を楽しみながら
仕事の合間に
ホッとひといきできました

堀口社長
おいしい新茶ごちそう様でした(*^_^*)

毎日ごくごく飲むなら
こちら↓
[2016/04/18 23:22] お茶の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
穏やかなひととき
今朝は
昨夜の雨がウソのような青空

りお母、ルート君とともに
鹿屋市の霧島ケ丘公園へ・・・

ここを訪れるのは
ゆーぽちゃん、ルート君の保育園の遠足以来
十数年ぶりです

季節の花がたくさん咲いていて
一面芝生の広場やゴーカート、
ちょっとした遊具もあり
家族連れが目立ちます

霧島が丘m1

公園内から見た周りの景色
霧島が丘m2

いつもより空は青かったけど
海や対岸の山は霞がかかり
ぼんやりとしていました

公園のとなりは
日本最大級のばら園で
8ヘクタール、5万株あるそうです

バラは鹿屋市の花で
「プリンセスかのや」という
オリジナルのバラもあります

ばら園m1

例年はゴールデンウィークから
2週間程度満開を迎えるようですが

今日はまだ園内に咲いてるバラを
見ることができなかったので
園内の温室で観賞してきました

ばら園m2

バラを観賞したあと
少しだけ
日光を浴び、風を感じながら
ばら園内を歩きました

七分袖の服を着ていて
うっかり日焼けしてしまいましたが
穏やかなひと時を過ごせたこと
幸せに思います.

**********************

熊本で地震の被害に合われた方々に
お見舞い申し上げます

日本は島国
いつどこで地震が起こるかわからない

気持ちを引き締め
一日も早く復興に向けて
動き出せる状況になることを
お祈りいたします
[2016/04/17 23:56] 家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
植物の力
春は花粉症などアレルギー持ちの方には
つらい時期ですね

お茶のカテキン類には
アレルギーの症状を抑える作用があります

お茶の抗アレルギー作用は
品種によってまちまちですが

紅茶用の品種である
「べにふうき」などで作った緑茶には
強い抗アレルギー作用があります

カテキンの一種である「メチル化カテキン」

お茶のカテキン類でも最も多く含まれる
エピガロカテキンガレートの一部が
変化した化合物です

メチル化カテキンは
花粉などの抗原が
細胞表面の受容体に結合しても
その情報の伝達を遮断するため
ヒスタミンなどアレルギー症状を起こす物質の
放出を妨げると考えられています

メチル化カテキンが多く含まれ
花粉症対策用のお茶として知られ
注目されている「べにふうき」

紅茶用の品種ですが
紅茶に加工するとメチル化カテキンが
他の化合物に変化してしまうので
緑茶として飲むのがいちばんです

(日本茶のすべてがわかる本より引用)

べにふうきは
ぽんぽこ笑店でも販売しています

りおは
花粉症に良くて
苦みが強いお茶って印象を持ってましたが

最近、里子さんに勧められて
和香園のべにふうき(粉末)を飲んでみました

ほんのり紅茶の風味
普段、飲み慣れてるあらびき茶より
少し苦みを感じますが
後味がすっきりしていて
美味しいと思いました

お茶大好きのわが息子
ルートくんにも飲んでもらうと
「この軽い苦みがいい感じ」って

我が家のテーブルには
あらびき茶と一緒に
べにふうきの缶が並んでます

りおはアレルギー持ちではないけれど
時々、べにふうき独特の風味も楽しんでます(*^_^*)

ここまではお茶の話でしたが

玄米や米のとぎ汁で作る「乳酸菌」

大豆から採れる「豆乳」

豆乳と乳酸菌で作る「豆乳ヨーグルト」

茶葉まるごとの「あらびき茶」

大麻の「ヘンプオイル」

☆はにわ☆で販売中の「さとうきび酢」

すべて植物が素(もと)

人の生命活動に必要なものの大部分は
植物がもたらしてくれます

植物の力
改めてスゴイなって感じます.゚+.(・∀・)゚+.
[2016/04/13 23:42] お茶の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
☆はにわ☆


絶食青年の

「絶食笑店☆はにわ☆」

アマゾンで

「加計呂麻島産 さとうきび酢」

販売開始です\(^o^)/

さとうきび酢は
食酢の中でもミネラル豊富
ナトリウムが少ないのが特徴です

元気を保つアイテムのひとつとして
是非お試しください!!

りおも おススメo(^▽^)o
[2016/04/12 18:22] 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
余すところなく
この小さな実はなんでしょう↓
麻

鳥取県智頭町で上野俊彦さんが栽培した
大麻の実です

この実を搾ったヘンプオイルをいただくことに・・・

このまま食べてみると
ゆでた落花生のような味でした

オイルを搾る前に煎ります
麻2

煎ることで加熱した際につくられる
「メラノイジン」という物質ができます
その抗酸化作用で
生のまま搾ったオイルより日持ちするそうです

メラノイジンは味噌やしょう油の色になっている
褐色成分です

煎られた実は
香ばしい香りがします
食べてみるとポップコーンのような味でした

麻3

搾られたオイルが小さな孔から少しずつ
出ています

麻4

わかりづらいですが
搾りたてのヘンプオイルです
保湿効果があるということで手に塗ってみました

オイルですが、さらっとしていて、
すぐに肌になじんでしっとりお肌になりました

卵かけご飯にかけていただきました
麻5

搾りたてのヘンプオイルの香ばしい味だけで
しょう油は要りませんでした

オイルを搾った後の殻です
麻6

塩を少し足して
ふりかけとしてご飯にトッピング

麻7

香ばしさにうす塩味
パリパリした食感も加わり
また違った美味しさでした

上野さんに
大麻に関するお話をうかがいながら
大麻の実を余すところなく
堪能させていただきました
貴重な体験ありがとうございました(*^_^*)

食して体に良いだけでなく
メンタルケアにも・・・

大麻が可能性あふれる植物であること
多くの方々に知って欲しいと思いました.゚+.(・∀・)゚+.
[2016/04/11 17:24] 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | @
季節感
最近
1週間経つのが早く感じます

それだけ充実した日々を
過ごせているってことなのかな・・・

今日の空も雲が広がり
ときどき雨が落ちてきます

あまり外出したくないけど
お昼前からルートくんと出かけて
早々に用事を済ませて戻ってきました

桜を見ても
お花見の気分ではなく

ようやく咲いた桜も
もう葉桜です

視覚で季節を感じることはできるけど

梅雨時期のような気候が続き
体での感覚は
季節感なくなりそうです

休日の残りの時間
あらびき茶を飲みながら
除湿機と空気清浄機のある安心空間で
ゆっくり読書したいと思います

[2016/04/10 16:56] 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
チクリ
はちだま
柿の木を見つめる絶食青年

見ているのは黄色い○の部分

彼の視線の先は↓
はちだま2
蜂玉です

昨日、飯山家で今年初の分蜂があり
そして今日もありました\(^o^)/

昨日はすでに蜂玉ができてる状態からの
捕獲作業でしたが

今日は
里子さんが分蜂開始にいち早く気づき
ホースで水をかける所から始りました

冒頭の画像は
蜂玉ができ始め
捕獲するタイミングを
お茶を飲みながらしばし待つ
の段階です

この先の状況は
今年、分蜂初体験の絶食青年
お伝えしてくれると思うので
割愛させていただきます

今回はこの後
捕獲完了まで3時間ほどの
長丁場でした

今日のタイトル「チクリ」→蜂の話といえば・・・

刺されました(。>(ェ)<。)

首の付け根あたりを・・・

女王蜂が巣箱に入ったのを確認して
蜂玉が巣箱へ移動するのを待ってる間

首筋がむずむずして
反射的に手で触った時に
チクッときました

蜂がいることに気づかず
触れてしまいました

養蜂が始まってから
皆さん刺されていましたが
りおはまだ刺されたことがなく

飯山さんの「おめでとう!」の言葉に
ようやく1人前と言われた気がして

痛いけどちょっと嬉しい経験でした(*^_^*)

刺されたところの現在の状況↓
はちだま316-04-07-04-45-53-225_photo

刺された直後
針を抜いて、毒をつまみ出し、
乳酸菌液をスプレー

里子さんの迅速な処置のおかげで
腫れることなく
軽い虫刺され程度です

里子さん
ありがとうございました
[2016/04/06 23:58] 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
まるごと
4月最初の日曜日
桜祭りなど各地でイベントが
開催されていました

車で走行中
ピンクの桜も目につきましたが

濃い緑の茶樹の表面が
黄緑色の新芽に覆われた
2色の緑が広がる茶畑も目につき
もうすぐ新茶の時期だなって思いました

お茶といえば
「あらびき茶」の和香園

「飲むだけではなく、食べるという食文化も提案したい」
というコンセプトで

茶葉創作料理店「茶音の蔵」(さおんのくら)

先月オープンしたそうです

お茶には
野菜や果物と同じように
炭水化物、タンパク質、脂質、各種ビタミン、
ミネラルなどの栄養成分が含まれています

お茶の栄養成分で特に注目すべき点は
「生体調節機能」を持つ成分が
豊富に含まれていることです

生体調節機能を持つ成分は
バイオファクターとも呼ばれ
食品の3次機能と言われるものです

食品の
1次機能は栄養、生きるために欠かせないもの
2次機能は味・香りなど、嗜好を満たすもの
3次機能は生死にかかわりはないけれど
無くては健康が損なわれるもの

お茶のように生体調節機能に優れた食品は
「保健機能食品」と呼ばれ
天然のサプリメントとして注目を集めています

お茶の成分の中でも
カテキン類、カフェイン、テアニンは
他の食品にはあまり含まれていない
お茶特有の機能性成分と言えます

お茶の健康効果は
これらの機能性成分の相乗効果によって
高められていると考えられています

お茶に含まれる成分は
湯で浸出しても20~30%しか溶けださず
あとは茶殻に残ります

成分によっては全く湯に溶けださないものもあり
お茶の成分を残さず摂るためには
お茶の葉をそのまま食べる他ありません

(日本茶のすべてがわかる本より引用)

お茶の健康効果は知っているけど
家庭でお茶の生葉を手に入れて
料理して食べるのは難しいですよね

お茶の成分を残さず摂るためには
お茶の葉をそのまま食べる他ない・・・

手軽にそれができるのが
茶葉まるごと
飲ん茶おう
食べ茶おうの
「あらびき茶」ですよね

飯山一郎さんが
「あらびき茶」があれば
野菜は要らない!

とおっしゃるのも納得です( ^ω^ )

[2016/04/03 23:56] お茶の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。