一陽来復
今日は冬至でした。
1年で最も日が短い日・・・
ということは
翌日から日が長くなっていくということ

そこで冬至は
太陽が生まれ変わる日ととらえられ、
古くから世界各地で冬至の祝祭が
盛大に行われていたそうです。

中国や日本では
冬至は太陽の力がいちばん弱まった日であり、
この日を境に再び力が甦ってくることから
陰が極まり再び陽にかえる日という意の
一陽来復(いちようらいふく)といい
冬至を境に運が向いてくるとしています。

つまり、みんなが上昇運に転じる日なのです。

そして
冬至には「ん」のつくものを食べると
「運」が呼び込めるといわれていて
にんじん、だいこん、れんこん、うどん・・・など
「ん」のつくものを運盛りといい
縁起をかついでいたそうです。

また、「いろはにほへと」が「ん」で終ることから
「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。

そこで
冬至に「かぼちゃ」はなぜ?と思いますよね

漢字で書くと南瓜(なんきん)
つまり、運盛りのひとつであり
陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。

かぼちゃは
ビタミンAやカロチンが豊富です
本来夏が旬のかぼちゃですが、長期保存が効くことから
冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあります。

冬至といえばもうひとつ
「ゆず湯」です。
ゆず湯 カピバラ
ゆず=「融通」がきく、冬至=「湯治」
ごうした語呂合わせから
ゆず湯に入ると思われていますが
もともとは運を呼び込む前に厄払いするための
禊(みそぎ)だと考えられています。

一陽来復のために身を清めるのも道理で
現代でも新年や大切な儀式に際して
入浴する風習があります。

冬が旬のゆずは香りが強く、強い香りのもとには
邪気がおこらないという考えもありました。

また、ゆずは実るまでに長い年月がかかるので
長年の苦労が実りますようにとの願いも
込められています。

ゆず湯は
血行促進
クエン酸やビタミンCで美肌効果
芳香によるリラックス効果があります。
冬至に限らず冬の入浴に最適なんですね。

今年は例年の冬とは違って
あまり寒さが厳しく感じられませんが
それでも身体を冷やさないように

冷え対策
適度な運動
豆乳ヨーグルト
あらびき茶

血流促進、免疫力アップを心がけ
元気にお過ごしください。

あらびき茶シール3
スポンサーサイト
[2015/12/22 23:55] 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |