安定感あります!
先日購入した
『安眠のための横向き寝枕』

使い心地はとても良いです。

私は基本、仰向けで寝ます。
仰向けでもしっかり首が支えられ
安定感がありぐっすり眠れてます。

就寝前の読書は横向き寝で使用
気持ち良くてそのまま
寝落ちしてることもあります。

『安眠』を求めてる方に
ぜひ、おすすめします。

PS,体を暖かく保つこともお忘れなく!

スリープバンテージ(りおのおすすめ!)

スポンサーサイト
[2015/12/10 08:25] 眠り | トラックバック(0) | コメント(0) | @
眠りの話5
体内時計をうまく作動させるために
「メラトニン」と呼ばれる眠りホルモンが
分泌されます。

メラトニンは、脳の奥深くにある「松果体」という
小さな器官から分泌されるホルモンです。
夜の10時くらいから分泌量が増え始め
午前2時くらいに分泌のピークを迎えます。

松果体は、視交叉上角(しこうさじょうかく)という
場所を通じて視神経とつながっています。
そして眼球から入ってきた太陽の光に反応し、太陽の
光の微妙な変化をキャッチしながらメラトニンを産生し、
分泌量をコントロールする役割があります。

このときに浴びる光は太陽光でなければなりません。
だから日中にしっかりと太陽の光を浴びることで、
メラトニンが十分につくられ体内時計がうまく作動します。

このお話を読んでいて飯山さんの「太陽凝視」を
思い出しました。

体内時計を整えるってとても大切なんですね。

身体の不調を感じたら眠りに目を向けてみてください。
体内時計のズレれによるものかもしれません。
身体的、精神的な不調の改善策のひとつとして役立つ
かもしれません。

「夢がかなう!魔法の眠り」
眠りに関するお話がとても興味深いおすすめの
一冊です。
りおブロのお店で紹介してます。
[2015/11/11 18:48] 眠り | トラックバック(0) | コメント(0) | @
眠りの話4
朝の太陽を浴びるだけで体内時計の
リセット完了?って思いました。

時計って24時間ですよね。
でも、体内時計は25時間らしいです。
日常での細かな睡眠リズムの乱れに柔軟に
対応できるよう、あらかじめ「のりしろ」のような
時間が用意してあるのでしょうという説です。

生活リズムは24時間ですから生体リズムも
24時間に修正しなければなりません。
そこで、用意されたリセットボタンが
朝の太陽です。

たとえば
朝7時に目覚め「朝が来た!」とスイッチオン
そして、およそ14時間後の午後9時頃から
眠りホルモンのメラトニンが分泌されます。

どうしても就寝時間が不規則になりがちでも
せめて起床時間だけ規則正しくできれば良い
そうです。

毎朝同じ時間に起きる
どんなに眠くても、とりあえずカーテンを開ける
ベランダに出て朝の太陽をたっぷりと浴びる
これだけで体内時計のリセット完了です。
[2015/11/10 22:32] 眠り | トラックバック(0) | コメント(0) | @
眠りの話3
体内時計のお話です
生体リズムは体内時計によってコントロール
されています。

眠りは脳と関係しています。
脳は大脳新皮質という「新しい脳」と
自律神経系の「古い脳」に分けられます。
生体リズムは古い脳と関わりがあり
乱れてしまうと自律神経系の機能も
乱れてしまいます。

自律神経には
呼吸や消化などの生命維持機能、
細胞の代謝やホルモンの分泌などを
つかさどる生命のコントロールタワーの
役割があります。

体内時計の針がズレる→生体リズムの乱れ
→自律神経の乱れ→身体的、精神的失調により
さまざまな症状が出る。

この悪循環から抜け出すには
体内時計のズレをリセットすることです。

病院やクスリは必要ありません。
「朝の太陽をしっかりと浴びる!」
ただこれだけです。
[2015/11/10 00:23] 眠り | トラックバック(0) | コメント(0) | @
眠りの話2
一日のはじまりとはいつでしょう
朝、目覚めてその日の活動が始まるとき・・・
そう思っていました。

人生の3分の1は眠りの時間といわれます。
この眠りの時間は生活のベースであり
生命維持にとって「食」よりも大切なのだそう
です。

人は日中活動して夜眠ります。
疲れたから早めに寝よう
体調が悪いから早めに寝よう
眠りは1日の締めくくりととらえています。
明日は休みだからとか
元気だから大丈夫って
つい夜更かしすることありますよね・・・
これは実は眠りをおろそかにしてるんです。

まったく考えを変えて
眠りは1日のはじまり、スタートラインだと
したら・・・
明日も元気でいるために早めに寝よう
楽しい1日を過ごすために早めに寝よう
って考えることができませんか?

1日のはじまりを就寝タイムにおくと
前日の体調がどうであろうと、眠りを
おろそかにできなくなりますよね。

これは私にとって「目からうろこ」のお話でした。
[2015/11/08 14:10] 眠り | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>