スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
余すところなく
この小さな実はなんでしょう↓
麻

鳥取県智頭町で上野俊彦さんが栽培した
大麻の実です

この実を搾ったヘンプオイルをいただくことに・・・

このまま食べてみると
ゆでた落花生のような味でした

オイルを搾る前に煎ります
麻2

煎ることで加熱した際につくられる
「メラノイジン」という物質ができます
その抗酸化作用で
生のまま搾ったオイルより日持ちするそうです

メラノイジンは味噌やしょう油の色になっている
褐色成分です

煎られた実は
香ばしい香りがします
食べてみるとポップコーンのような味でした

麻3

搾られたオイルが小さな孔から少しずつ
出ています

麻4

わかりづらいですが
搾りたてのヘンプオイルです
保湿効果があるということで手に塗ってみました

オイルですが、さらっとしていて、
すぐに肌になじんでしっとりお肌になりました

卵かけご飯にかけていただきました
麻5

搾りたてのヘンプオイルの香ばしい味だけで
しょう油は要りませんでした

オイルを搾った後の殻です
麻6

塩を少し足して
ふりかけとしてご飯にトッピング

麻7

香ばしさにうす塩味
パリパリした食感も加わり
また違った美味しさでした

上野さんに
大麻に関するお話をうかがいながら
大麻の実を余すところなく
堪能させていただきました
貴重な体験ありがとうございました(*^_^*)

食して体に良いだけでなく
メンタルケアにも・・・

大麻が可能性あふれる植物であること
多くの方々に知って欲しいと思いました.゚+.(・∀・)゚+.
スポンサーサイト
[2016/04/11 17:24] 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | @
<<☆はにわ☆ | ホーム | 季節感>>
コメント
----
麻の実、タンパク質で検索を。
麻の実は、薬用ばかりでなく、
栄養学的にも、スバラシイ。
現代人に、麻の実のスバラシサを、
気づかれてはまずいので、縄文人が
大量に摂取したことが想定されるのに
、考古学でも一切無視を
決め込んでいる。
[2016/04/16 13:31] URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://rio109.blog.fc2.com/tb.php/127-f695413c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。